ハワイアン航空 33時間の遅延<クイーンズ>

18日、JFK国際空港発のハワイアン航空ホノルル便が33時間の遅延となり、乗客数100人がゲートで立ち往生した。20日付ニューヨークポストが伝えた。午前10時の出発前、機内検査中に異臭があったと報告があり、ジョージア州アトランタから部品を空輸して修理が行われたが、パイロットは煙の匂いがするとして再び離陸を延期。この間、旅行者は預け入れ荷物の返却やチケット変更が許されず、12ドル分の食事券のみが渡された。その後、乗客には翌19日午前10時発の便に乗れると案内されたが空席が残っておらず、最終的な出発は午後7時だった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。