別人の遺体を埋葬 葬儀屋2社を提訴<ロングアイランド>

葬儀社が誤って別人を埋葬し、遺族が葬儀社2社を相手に6000万ドルの訴訟を予定している。19日付FOX 5ニューヨークが伝えた。ステイシー・ホルツマンさんとミーガン・ゼイナーさんは、サウスカロライナ州で亡くなった父親の遺体をロングアイランドのスター・オブ・デービッド・メモリアル・チャペルに移送した。埋葬前に別人と気づき抗議したが、取り合ってもらえず埋葬された。後日、サウスカロライナの葬儀社は間違いを認め謝罪したが、スター・オブ・デービッド社は返金に応じず、手順に従い埋葬したと主張している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。