州民の多くが懸念 犯罪に関する世論調査<オールバニ>

12日にシエナ・カレッジが発表した世論調査によると、ニューヨーク州民の61%が犯罪被害者になる可能性を案じている。同日付NY1が伝えた。対象者の87%が犯罪は深刻な問題だと考え、41%が今ほど身の安全を心配したことはないと回答。51%が公共の場での家族の安全を心配し、またニューヨーク市民の16%が過去1年間に身体的暴行や強盗被害を経験したと答えた。これは犯罪対策を焦点に民主党のキャシー・ホークル知事と共和党のリー・ゼルディン議員が大接戦となった1年前の知事選後も、治安が州民の大きな懸念だと示している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1218

お洒落を楽しむ秋 ニューヨークのメンズファッション

秋の気配が漂ってきた今日この頃、ワードローブも夏物から秋物へと入れ替える時期。本号ではニューヨークのメンズファッション情報を紹介。季節の変わり目のお買い物に役に立つトレンドや最旬メンズブランドをチェックしよう。

Vol. 1217

紅茶をめぐる冒険

初秋の訪れとともに飲みたくなるのがポットで淹れた紅茶。茶葉やブレンドによって異なる香りと味は、私たちをくつろぎと恍惚の世界に誘い、またある時は懐かしい記憶を辿る道標にもなってくれる。極上の一杯を求めて、ニューヨーク紅茶めぐりの旅、はじまりはじまり。

Vol. 1216

進化し続けるトイレの世界

日本が世界に誇る「おもてなし」文化の象徴といえるトイレ。高品質なだけでなく、利便性の面でも多種多様な機能を備え進化し続ける日本のトイレ製品。日米のトイレ事情の違いなど、今号ではさまざまな角度からトイレについて学んでみよう。

Vol. 1215

今気になるヘアサロン&大人の男が通う新・バーバー

コロナ禍で指名のスタイリストが帰国したり、お店がクローズしたりと何かとアップデートが必要になるヘアサロン事情。髪質やニュアンスの違いを理解してくれるのはやっぱり日系のサロンという人も多いだろう。髪の悩みやイメージチェンジなど、顧客のさまざまなリクエストに応えてくれるヘアサロンを特集。