ロードレイジ いさかいの末ひき殺す<マンハッタン>

12日午後4時頃、マンハッタン区アッパーイーストサイドで車同士の軽い衝突事故の後、相手の男性をはねて殺したとしてアンドレ・モスビー被告が起訴された。14日付ABC7ニューヨークが伝えた。目撃者の話では衝突後、ロベルト・べレス・アルバレスさん(56歳)が車から降り、同被告の車の前と後ろのタイヤをナイフで切り裂きパンクさせたため、逆上した同被告がアルバレスさんをはね、近くのカフェに押し付けて圧死させた。同被告は現場で逮捕され、過失致死と暴行罪で起訴された。事件当時、同被告の車には女性と子供3人が乗っており、正当防衛を主張している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。