DNA一致で逮捕 ギルゴビーチ連続殺人<ロングアイランド>

13日、2010〜11年にロングアイランドのギルゴビーチで「ギルゴ4」と呼ばれる売春婦4人と、男性と幼児を含む遺体7体が発見された事件で、マサピーカパーク在住の建築家レックス・フールマン被告(59歳)が逮捕された。15日付ゴッサミストが伝えた。同被告は監視カメラの特徴から捜査対象となったが、携帯電話の位置情報、現場で採取した体毛と食べ残しのピザのDNAの一致が逮捕の決め手となった。同被告は14日に「ギルゴ4」の3人の殺人で起訴され、もう1件も起訴の可能性が高いが、残る7人は殺害方法や遺体状況が異なり、事件との関係は不明である。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。