非常事態を宣言 ネズミ問題解決目指す<ウエストチェスター>

ウエストチェスター郡ママロネックは、ネズミ目撃数の増加に伴い非常事態を宣言した。9日付CBSニューヨークが伝えた。ハリケーン・アイダ以降、町内を流れる水路や空き家数の増加によりネズミが急増、ネズミの出没が疑われる家が最大 70%に達する地区もある。トム・マーフィー町長は「最も被害が大きかったワシントンビルやフェニモア工業団地では修繕に苦労し、被害を受けた家の家主は修理せず放置したため、格好の繁殖地となった」と話した。非常事態宣言は8月6日を期限とし、町に条例やゴミ違反の取り締まり強化や不在の家主に事後請求などを行う権限を与える。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。