起訴取り下げ  地下鉄刺殺事件<ブルックリン>

ブルックリン区検察局は先月28日、6月13日に地下鉄内で男の胸をナイフで刺し死亡させ、過失致死罪と武器の不法所持で逮捕されたジョーダン・ウィリアムさん(20歳)への起訴が取り下げられたと発表した。同日付PIX11が伝えた。大陪審は、攻撃的で乱暴なデビクター・ウエドラオゴさん(36歳)がナイフで刺される直前にウィリアムさんの首を絞める様子がビデオで確認できたことなどから、弁護士の主張通り、ナイフの使用は自己防衛の行為だったと判断した。「自分が生き延びることだけを考えた」と振り返るウィリアムさんは、陪審員へ感謝の気持ちを示した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。