雷に打たれた男性 警察官が救命措置<ニュージャージー>

14日正午過ぎ、ニュージャージー州ウッドブリッジの中学校で、サッカー場の線を引いていた町職員のエリック・バウムガートナーさん(39歳)が雷に打たれ、駆けつけた警察官が心肺蘇生をして救命した。15日付CBSニューヨークが伝えた。元消防士のR・J・マクパートランド巡査は認定救急救命士で、脈がなかったバウムガートナーさんに救命措置を行うと、意識を取り戻した。米疾病予防管理センターによると、同州は落雷による死者や負傷者が多い州の一つ。雷に打たれる確率は毎年100万分の1未満で、その約90%が助かっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。