未解決殺人事件2件 長年の捜査が実り解決<ウエストチェスター>

ウエストチェスター郡のミリアム・ロカ検事は15日、未解決殺人事件2件の解明を発表した。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。同検事が就任時の2021年に設立した未解決事件局が捜査に当たり、12年にブロンクスでワンダ・べギラ受刑者(42歳)が、パメラ・グラディックさん(当時26歳)の後頭部を撃ち遺体をヨンカーズの森に遺棄したと自白したと発表した。同受刑者は1月に逮捕され、20年以上の終身刑を宣告された。また1997年にヨンカーズで元妻のヌシナイダさん(当時34歳)に暴行を加えて絞殺した罪で、ラファエル・ラモス被告(54歳)が14日に逮捕された。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。