地下鉄内で嫌がらせ 交際相手が刺殺<ブルックリン>

14日、地下鉄内で交際相手を殴った相手を刺殺した、クイーンズ区在住のジョーダン・ウィリアムズ被告(20歳)が逮捕された。同日付ニューヨーク・ポストが伝えた。13日夜、ブルックリン区ウィリアムズバーグのマーシー・アベニュー駅に向かうJ系統内で乗客に嫌がらせをしていたデビクター・ウエドラオゴさん(36歳)が、同被告の彼女と口論となり顔を殴ったため、ナイフで胸を刺し、翌日に過失致死と武器不法所持で逮捕された。また同日、先月F系統内で突飛な行動をしていたジョーダン・ニーリーさんを窒息死させた元海兵隊員のダニエル・ペニー被告が起訴された。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。