バスに監視カメラ バスレーン違反を摘発<ブロンクス>

MTAは、ブロンクス区内で最長かつ最も遅いルートの一つで毎日3万人が利用するBX36バスに、バスレーン遮断などの違反を犯す運転手を撮影できるABLEカメラを導入すると発表した。16日付ABC7ニューヨークが伝えた。今後60日間は違反に対する警告のみで、その後は罰金支払いが義務付けられる。MTAによると今年、区内で約5万件のABLEによる違反切符が交付されたが、約80%の違反者がその後は違反しておらず、施行区間でバスの衝突事故が25%減少した。MTAは保有するバス6000台の約500台にカメラを装備しているが、年末までに500台増やす。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。