プライド月間 フェスティバル開催<ブルックリン>

ブルックリン区の5アベニューでは10日、プライド月間を祝うパレードとフェスティバルが開催され、人々が踊り、フロートや子供たちを楽しませるユニコーンの着ぐるみなどが登場して賑わいをみせた。同日付CBSニューヨークが伝えた。パレードに加わったニューヨーク州のレティシア・ジェームズ司法長官は、「世間の風当たりが強いLGBTコミュニティーを含む全てのアメリカ人の権利を擁護する」と述べた。イーストブロンクスからの参加者は「我々の素質、考え方、スタイルを示し、LGBTコミュニティーを受け入れてもらうきっかけとなった」とコメントした。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。