ライフガード不足 給与アップで確保へ<ロングアイランド>

ロングアイランドのビーチでは、ライフガード不足を解消するため、昇給、手当、契約時のボーナス支給などを提示して人員確保に取り組んでいる。8日付CBSニューヨークが伝えた。時給を昨年の18ドルから22ドルに引き上げ、2年後は5〜30%の昇給を約束、プールパーティーは最低時給75ドルを支払うとしている。州公園ロングアイランド地区では15〜75歳までのライフガードが新たに75人必要で、ティーンエイジャー以外に、時間厳守で責任感が強く、携帯電話やおしゃべりに興じることのない50代以上の定年退職者にも目を向け、資格の取得を呼びかけている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。