NYC煙に覆われる 大気が危険水準に<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市は7日、カナダの森林火災の影響で煙に覆われて霞み、同市のエリック・アダムス市長とキャシー・ホークル州知事は市民に向け、有害な空気を避けて可能な限り屋内に留まり、外出時はN95マスクを着用するよう促した。同日付ゴッサミストが伝えた。市長は会見で、101以上で健康に悪影響を及ぼし301以上は危険とされる大気質指数が午後5時、市内で484を観測、健康を脅かす警戒すべきレベルで、60年代以来最悪な指数である上、煙の動きが予測困難であると報告した。ホークル州知事はN95マスク100万枚以上を州が提供すると発表した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。