15年前の性的暴行 サイバー弁護士を逮捕<ニュージャージー>

2007〜8年にボストンで起きた一連の性的暴行事件に関し、先月30日にニュージャージー州ウィーホーケン在住の弁護士、マシュー・ナイロ被告(35歳)が逮捕され、5日に加重強姦、誘拐、強姦未遂などで起訴された。同日付NBCニューヨークが伝えた。当時学生だった同被告は女性3人を騙して車で工業地帯に連れ込み、武器を持っていると脅して強姦したほか、ジョギング中の女性を襲って性的暴行を加えた。ボストン警察はDNA鑑定で逮捕につなげたが、同被告は全ての容疑に対して無罪を主張している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。