ビリージョエル MSG公演を終了<マンハッタン>

1日、「ピアノ・マン」の愛称で知られるシンガーソングライターのビリー・ジョエル(74歳)が、2014年から約10年間、マディソン・スクエア・ガーデンで毎月行っていたレジデンシー公演を、150回目となる2024年7月に終了すると発表した。同日付amニューヨークが伝えた。先月15日に26エーカーのロングアイランドの自宅を約4900万ドルで売却するニュースが話題となったが、本人はニューヨークを離れるのではなく「フロリダで多くの時間を過ごすだけだ」と話した。最後10公演のチケットは5〜8日に販売され、初回は10月20日に開催される。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。