5億ドルの寄付 ストーニーブルック校<ロングアイランド>

著名ヘッジファンドマネージャーのジェームズ・シモンズ氏は1日、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校に5億ドル寄付したと発表した。同日付ニューヨークポストが伝えた。同氏はかつて数学教授として同大学で教鞭を取っており、同大学の同窓生である妻のマリリンさんとも学内で出会った。夫妻が運営するシモンズ財団からの寄付は、使途を指定しない大学への寄付で全米史上最高額となる。州の寄付マッチング制度により、同大学が受け取る額は最大10億ドルになるとみられる。シモンズ氏は2008年にも同大学に6000万ドルの寄付をしている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。