宗教施設に移民収容 一晩最大1000人<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は5日、宗教施設を利用した移民避難所プログラム創設を発表した。同日付NY1が伝えた。市はニューヨーク災害異宗教間サービス(NYDIS)と2年間提携し、最大50の礼拝所で各19人、最大1000人の成人男性が宿泊できる。また日中に礼拝所が通常の活動を行えるよう、5つの移民支援センターを新設。礼拝所とセンターは共に食堂や社交エリア、シャワー施設などを備え、食事を提供する。市は現在、移民4万6000人以上を抱え、12億ドル以上費やしており、市長は連邦政府にさらなる支援と移民の就労許可の迅速化を求めた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。