フリートウイーク 艦船パレードで開幕<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市の恒例イベント「フリートウイーク」が先月24日、幕を開けた。同日付NBCニューヨークが伝えた。35回目を数える今年の祭典には、1週間に渡るイベント期間中にアメリカ海軍の軍人、海兵隊、沿岸警備隊員ら2400人あまりが集結すると見込まれ、一般人が軍人らと交流を図り、海上活動について学べる絶好の機会となっている。初日の開幕を飾る艦船パレードには、アメリカ海軍の軍艦3隻、沿岸警備隊の船2隻、米国海軍兵学校から4隻の他、NATO加盟国の3隻、イギリス、カナダ、イタリアからの船も加わった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。