歴史あるスタジアム 2年間の改修後に再開<ニュージャージー>

ニュージャージー州パターソン市で19日、1億300万ドルと2年の歳月をかけて改修されたヒンチリフ・スタジアムの再開記念式典が行われた。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。90年の歴史を持つ同球場は、アフリカ系アメリカ人の野球リーグ、ニグロリーグ開催地である球場の1つで、1997年の放棄後、荒廃が進んでいた。同球場はマイナーリーグ所属のニュージャージー・ジャッカルズの本拠地となり、学校行事などに使われるほか、高齢者向け住宅、9月にオープン予定のニグロリーグ博物館が併設される。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。