公立学校滞在の移民 親の反発を受け退去<ブルックリン>

ニューヨーク市当局は18日、ブルックリン区コニーアイランドの公立学校PS188の体育館に臨時滞在していた亡命希望者数十人を移転させたと保護者らに通達した。同日付NY1が伝えた。17日時点で移民を収容していた学校は同校のみで、保護者らが抗議デモを行っていた。保健福祉担当のアン・ウィリアムズ=イソム副市長は「学校は常に短期受け入れ先として計画されていた。1日に900人以上の移民が到着した日もあり仕方がなかった」と述べ、エリック・アダムズ市長も16日に学校体育館20カ所を移民の緊急避難場所として検討していると話した。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。