コロナの死者追悼 墓地でセレモニー<ブルックリン>

新型コロナウィルスの公衆衛生上の緊急事態宣言が解除された11日、ブルックリン区グリーンウッド墓地で、コロナウィルスで亡くなった人々にパネルを掲げて追悼セレモニーが行われた。12日付FOX5ニューヨークが伝えた。「新型コロナによる大きな喪失」と題し、5月初旬、墓地の正面玄関近くの鉄製フェンスにニューヨーク市内の20の地域グループが制作した追悼パネルが取り付けられた。市の報告書によると、2020年2月以来4万5000人以上の市民が亡くなった。展示は29日まで行われており、訪れた人が用意してきた追悼碑を飾れる場所も設けられている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1226

寒い日にお家で食べたい袋麺はコレだ!!

寒くて長いニューヨークの冬は温かいスープと麺でも啜りたくなる季節だ。しかし寒い時の外食は避けたいもの。そんな時は自宅で手頃に食べられて身体を温められるインスタントラーメンはいかが? 今回は知られざるインスタント麺の誕生秘話からアレンジレシピまで紹介。

Vol. 1225

これが噂のウェグマンズ

この秋ニューヨークの最大の話題といえば、先月オープンした「ウェグマンズ」のアスタープレース店をおいて他にない。人気全米一の栄誉に輝く地元密着型スーパーだが、今までネイビーヤードに店舗があっただけで、その実態がよく知られていなかった。ところが、ここにきて売り場総面積8万7000平方フィートのフルサイズ店上陸である。抜群に鮮度のよい青果類と最高級の精肉。デリカも充実。しかも店内には日本の「魚屋さん」もあるとか。徹底解剖してみる。