サントス下院議員 罪状に無罪主張<ロングアイランド>

詐欺、マネーロンダリング、虚偽証言などで起訴された共和党の新人ジョージ・サントス下院議員は10日、サフォーク郡セントラル・アイスリップの連邦裁判所での罪状認否で13件の罪状について無実を主張した。同日付パッチが伝えた。同氏は50万ドルを支払って保釈された後、ツイッターに起訴が「魔女狩りだ」と投稿した。起訴状には支持者の献金の私的利用や失業手当の不当受給なども含まれ、ブリオン・ピース連邦検事は「度重なる不正と嘘によって議会に上がり、私腹を肥やした」と非難した。サントス議員は6月30日に再度、連邦地裁へ出廷が予定されている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。