科学センターオープン 自然史博物館<マンハッタン>

マンハッタン区のアメリカ自然史博物館に5月4日、「リチャード・ギルダー・センター」がオープン。科学、教育、革新をテーマとした科学センターで、計画から9年、ほぼ25年ぶりに博物館に新館が加わった。先月26日付パッチが伝えた。23万スクエアフィートのセンターは博物館全館をつなぐ構造で、コロンバスアベニューと79ストリートに新たな入り口が設けられている。館内は、動物学、古生物学、地質学、人類学、考古学に関する展示物3000点、昆虫館、蝶の生息環境を再現したビバリウム、360度の映像投影で科学とアートの没入体験ができる空間などで構成されている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。