ママロネック図書館 資金失い閉館危機<ウェストチェスター>

100周年を迎えたウェストチェスター郡のママロネック公共図書館が運営資金不足で閉館の危機に直面している。13日付ABC7ニューヨークが伝えた。同館は住民税の一部で運営されているが、先ごろ資金が無くなっていることが発覚、警察と郡地区検事局は財政の不正行為があったとして元管理責任者を取り調べている。図書館は6月1日以降の運営継続のために140万ドルの不足額を補う必要があり、評議会に援助を求めた。ママロネック市のルー・ヤング副市長は地域に不可欠なサービスを終わらせないよう最善を尽くすと述べ、借り入れを可能にするよう取り組んでいる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1226

寒い日にお家で食べたい袋麺はコレだ!!

寒くて長いニューヨークの冬は温かいスープと麺でも啜りたくなる季節だ。しかし寒い時の外食は避けたいもの。そんな時は自宅で手頃に食べられて身体を温められるインスタントラーメンはいかが? 今回は知られざるインスタント麺の誕生秘話からアレンジレシピまで紹介。

Vol. 1225

これが噂のウェグマンズ

この秋ニューヨークの最大の話題といえば、先月オープンした「ウェグマンズ」のアスタープレース店をおいて他にない。人気全米一の栄誉に輝く地元密着型スーパーだが、今までネイビーヤードに店舗があっただけで、その実態がよく知られていなかった。ところが、ここにきて売り場総面積8万7000平方フィートのフルサイズ店上陸である。抜群に鮮度のよい青果類と最高級の精肉。デリカも充実。しかも店内には日本の「魚屋さん」もあるとか。徹底解剖してみる。