平均寿命が低下 パンデミック後の調査<ニューヨークシティー>

7日に市保健局が発表した報告書によると、新型コロナのパンデミックにより、ニューヨーク市民の平均寿命が4 年以上低下、特にマイノリティーへの影響が大きかった。同日付ゴッサミストが伝えた。2019〜20年の市民の平均寿命は4・6年減少、78歳となった。白人は3年減にとどまったものの、黒人は5・5年減の73歳、ラテン系アメリカ人は6年減の77・3歳となった。また薬物過剰摂取の増加も20年の死者数が前年比42・2%増となった一因であり、黒人が薬物関連の死亡率が最も高く、55〜64歳が最多だった。同局は人種や地域間の不平等に継続して対処すると約束した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。