モールの従業員5人 フェンタニル過剰摂取<ニュージャージー>

15日午後5時30分過ぎ、ニュージャージー州バーゲン郡ハッケンサックのザ・ショップス・アット・リバーサイドモールで、女性従業員5人がフェンタニルを過剰摂取し、駐車場で意識不明の状態で発見された。16日付FOX5ニューヨークが伝えた。女性らは29〜41歳で、かけつけた警官がナルカンを投与して心肺蘇生を行い、4人は病院に運ばれたが、1人は治療を拒否した。CDC(米疾病予防管理センター)によると、2021年に起きた薬物過剰摂取死の7万1000件以上が、ヘロインの50倍、モルヒネより100倍強力なフェンタニルなどの合成オピオイドが原因だった。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。