顔認証で万引き防止 プライバシー問題も<マンハッタン>

ニューヨーク市内で生体認証技術を導入するビジネスが増えている。18日付CBSニューヨークが伝えた。スーパーのフェアウェー4店の入り口には、顧客の生体認証情報を収集・共有する旨が告知されている。ローワーマンハッタンではチェーン店での万引きがパンデミック後で最高となり、昨年比6%以上増加した。ただマディソン・スクエア・ガーデンやラジオシティ・ミュージックホールの顔スキャンによる生体認証への反発や、アマゾン・ゴー店舗で法律で義務付けられている生体認証使用の告知を怠ったとしてアマゾンが訴えられたりと、プライバシー侵害への懸念も大きい。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。