大麻栽培用ランプ 大規模火災の原因に<ウエストチェスター>

ウエストチェスター郡のヨンカーズ警察は10日、8日に発生した7階建て建物の火災原因が大麻栽培用電気加熱ランプである可能性が高いと話した。同日付ニューヨークポストが伝えた。午前1時前、個人使用目的で大麻を栽培していた1階住人の栽培用ランプが床に落ち発火したとみられ、4階の住人男性(67歳)が死亡、消防士と住人数十名が負傷した。ニューヨーク州法は、認定を受けた患者と介護者の自宅での医療用大麻栽培は許しているが、この住民が許可を得ていたかは不明。クリス・サピエンザ警察本部長は、強力な大麻栽培用装置は非常に危険だと警告した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1203

大学進学を考える 日本と米国、二つの国で学び暮らす選択

コロナ禍を経験して社会は大きく変わった。日本社会も例外ではない。未来を見据えて、グローバルな大学進学の選択肢の一つとして、米国と日本で自分たちのルーツを生かす学びについて掘り下げる。

Vol. 1202

メトロノース鉄道に乗って行く 週末プチお出かけ〜コールドスプリング編〜

メモリアルデーとともに本格的な行楽シーズンが到来。日帰りディストネーションとしてニューヨーカーに人気のパトナム郡コールドスプリングを訪ねてみた。

Vol. 1201

注目の起業家たちにインタビュー〈続編〉 ニューヨークで奮闘する革新者たち

既存のビジネスの枠に収まらない彼らが新たに切り開く道こそが、未来を変える。その情熱とアイディアの根源を聞いた。これから起業したい人必見!

Vol. 1200

今、ニューヨークを駆け抜ける 注目の企業家たち

社会にイノベーションを起こした女性起業家たちにインタビュー。彼女たちの情熱とポジティブなマインド、アイデアをビジネスに変えるまでの方法を聞いた。次号は男性篇をお届け。これから起業したい人はお見逃しなく!