犬が人間の手を発見 墓地の埋葬遺体と判明<スタテンアイランド>

スタテンアイランド区プレザント・プレーンズで9日、散歩中の犬が地中に埋まっていた人の手を発見した。11日付PIX11が伝えた。午後2時半頃、ノースマウント・ロレット州立森林公園近くで発見され、市検視局が人間の右手だと確認、その後の調査で、2011年に約1マイル離れたレザレクション・セレモニー墓地に埋葬された63歳の女性のものだと判明した。警察によると、先月27日に女性の墓の隣の区画が新たな埋葬のために掘り起こされた際、女性の棺が損傷して右手が切断された可能性がある。ただ、その手が発見場所までどう移動したかは不明だ。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。