冤罪で18年服役 面通し用に別人の写真<ブルックリン>

ブルックリン高位裁判所は9日、無実の罪で18年間服役させられたシェルドン・トーマスさんの釈放を命じた。10日付NY1が伝えた。当時17歳だったトーマスさんを含む3人のギャングメンバーは、2004年12月にブルックリン区イーストフラットブッシュでアンダーソン・バーシーさん(当時14歳)を射殺、一人を負傷させた罪で起訴された。しかし有罪判決審査部によると、捜査員は目撃者による面通しで、別人であることを知りながら、同地域在住の同姓同名の男性の写真を見せ逮捕し、トーマスさんは第二級殺人と殺人未遂で25年以上の終身刑を宣告された。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。