「ケトリング」訴訟 市が賠償金支払に同意<ブロンクス>

2020年6月にブロンクス区モットヘブンで行われた「ブラック・ライブズ・マター」抗議集会で、警察官が「ケトリング(封じ込め)」戦術を用いて暴行を加え、大量の不当逮捕を行ったとしてデモ参加者が起こした訴訟で、原告と市が和解した。1日付amニューヨークが伝えた。市は、同年5月にミネソタ州でジョージ・フロイトさんが警官に殺されたことへの抗議集会の参加者300人以上に各2万1500ドル支払うことに同意した。和解総額は大量逮捕者が出た集会の参加者に支払われた中で過去最高となる。逮捕者の起訴は同年9月にブロンクス地方検事局が棄却した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。