Eバイクが爆発 スーパーが全壊<ブロンクス>

5日、午前10時40分頃、ブロンクス区のスーパー、コンコース・フードプラザでEバイクのリチウムイオン電池が爆発し、大規模火災が起きた。同日付PIX11が伝えた。炎は瞬く間に店全体と隣のコインランドリーに広がり、消防士200人以上が消火にあたった。消防士5人、救急隊員1人、市民1人が負傷したが、命に別状はない。昨年、市内でリチウムイオン電池が原因の火災が200件以上起き、死者6人、負傷者147人出ており、2日に市議会が無規制のリチウムイオン電池の販売を禁じる新法とともに、市民に危険性を啓発する法案を可決したばかりだった。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。