ラガーディアでスト シェアライド運転手<クイーンズ>

先月26日の正午から深夜12時、ラガーディア空港でウーバーとリフトの運転手が賃上げを求めて12時間ストを行った。同日付CBSニューヨークが伝えた。運転手たちは経費の全額支給、不当解雇の無効、市外乗車料の値上げ、運賃の85%の受け取りなどを要求した。クイーンズ区のゾーラン・マムダ二下院議員も、会社側が全経費を運転手側に負担させ、利益を全て得ようとしている状況だと理解を示した。リフトはライドシェアサービス改善の契約ができるよう期待すると反応、ウーバーは運転手が2020年から3度の昇給で時給約32ドルを得ていると主張した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。