JFKで大規模停電 発着便が大混乱<クイーンズ>

16日にクイーンズ区のJFK空港第1ターミナルで大規模停電が起き、19日に通常運行に戻るまで、発着便に大きな影響が出た。19日付ABC7ニューヨークが伝えた。第1ターミナルは同空港の発着便の約5%を占め、17日は39便がキャンセルされ、18日は限定運行となった。ニュージーランド航空が出発から8時間後に、韓国からのフライトがアメリカ上陸直前で出発空港に引き返し、スイス航空は出発が5日後に変更されるなど、フライトの迂回や遅延、キャンセルのドミノ効果を引き起こした。港湾局は、修理の遅れはジョージア州から部品の到着を待っていたためだと釈明した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。