昼間に4人を銃撃 犯人2人を逮捕<ブロンクス>

ブロンクス区トレモントで10日午後、ジェレマイア・スミスさん(24歳)、デブリン・スミスさん(37歳)が銃で撃たれ死亡、他2人は足首と臀部を撃たれた。13日付NY1が伝えた。NYPDはサルバトーレ・リベラ(51歳)とホセ・パリラ(32歳)容疑者を逮捕、両者は殺人、銃器不法所持罪で起訴された。ブロンクス区選出の市議会議員オズワルド・フェリズ氏とラファエル・サラマンカ氏は、4人が撃たれる事件が2カ月間に同区で3度起きたことを受け、共同声明を出し、銃犯罪は不安と怒り、心の傷を生む。不法な携帯を阻止するシステムが必要であることを主張した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。