サル痘が収束 市保健当局が宣言<ニューヨークシティー>

先月末に連邦政府がサル痘の公衆衛生上の緊急事態宣言を解除した後、ニューヨーク市保健精神衛生局は1日、市内でのサル痘の収束を宣言した。同日付NBCニューヨークが伝えた。市内では昨年5〜12月末にかけて、3800以上の感染が報告され、ピーク時は1日約70例となったが、今年1月平均はほぼゼロに減少した。5月以降に行われたワクチン接種は15万5000回以上で、その数はカリフォルニア州に次ぐ全米第二位となる。LGBQ+を自認する人が感染の多数を占め、人種の内訳はラテン系約35%、黒人27%、白人22・4%、アジア系及び太平洋諸島系3・6%だった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。