50年ぶりに遅い初雪 1869年以降で<マンハッタン>

ニューヨーク市で1日早朝、観測が開始された1869年以来で最も遅い初雪が降った。同日付ゴッサミストが伝えた。最低10分の1インチが測定可能降雪量と定義されており、国立気象局は午前5時30分にマンハッタン区セントラルパークで0・4度の積雪を記録した。同局によると、マンハッタンでは1860年代以降で2番目に長い期間となる328日間、降雪が見られなかった。気象学者のドミニク・ラムニ氏は、今シーズンの雪不足は1月の気温が3月中旬並みと暖かかったことが原因だと話す。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。