男性移民が到着 3日間の野宿の後<ブルックリン>

2日夜、マンハッタン区ミッドタウンのワトソンホテルにいる独身男性移民の移転先として、レッドフックのブルックリン・クルーズ・ターミナルに設営された1000人収容のシェルターに、バス数台が到着した。同日付NY1が伝えた。施設は独身男性用で、家族連れはホテルに残る。一部対象者は交通手段やプライバシーの欠如を理由に移転を拒否した。先月29日から3日間、ホテルの外で野宿したが、1日にNYPDと市清掃局が撤去した。厳しい寒波への懸念もあったが、市当局は、施設は暖かく予備の毛布もあり、1時間ごとのバスやフェリーの往復切符を無料で提供するとした。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1203

大学進学を考える 日本と米国、二つの国で学び暮らす選択

コロナ禍を経験して社会は大きく変わった。日本社会も例外ではない。未来を見据えて、グローバルな大学進学の選択肢の一つとして、米国と日本で自分たちのルーツを生かす学びについて掘り下げる。

Vol. 1202

メトロノース鉄道に乗って行く 週末プチお出かけ〜コールドスプリング編〜

メモリアルデーとともに本格的な行楽シーズンが到来。日帰りディストネーションとしてニューヨーカーに人気のパトナム郡コールドスプリングを訪ねてみた。

Vol. 1201

注目の起業家たちにインタビュー〈続編〉 ニューヨークで奮闘する革新者たち

既存のビジネスの枠に収まらない彼らが新たに切り開く道こそが、未来を変える。その情熱とアイディアの根源を聞いた。これから起業したい人必見!

Vol. 1200

今、ニューヨークを駆け抜ける 注目の企業家たち

社会にイノベーションを起こした女性起業家たちにインタビュー。彼女たちの情熱とポジティブなマインド、アイデアをビジネスに変えるまでの方法を聞いた。次号は男性篇をお届け。これから起業したい人はお見逃しなく!