中学校の美術教師教室で麻薬の過剰摂取<ニュージャージー>

教室で麻薬を過剰摂取し、ニュージャージー州ウェストフィールドのルーズベルト中学校の美術教師が重罪に問われている。6日付FOX5ニューヨークが伝えた。昨年11月29日午前9時過ぎ、フランク・トンプソン被告(57歳)が教室で意識を失っているところを発見され、生徒の前で学校看護師が処置を行ったが、警官が到着してナルカンを使用したところ、回復の兆しを見せた。教室の収納棚からはフェンタニルと麻薬道具が発見された。起訴は今月5日で、同被告は薬物および児童福祉を危険にさらした容疑で、2月1日に裁判所に出廷する。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。