NYPD倉庫で火災多くの証拠品が焼失<ブルックリン>

13日朝、ブルックリン区レッドフックのNYPD保管倉庫で大規模火災が発生した。15日付パッチが伝えた。同倉庫は10年前のハリケーン・サンディの際も浸水し、法医学的・遺伝学的証拠の多くが未処理の下水に汚染された。その後、警察当局は、倉庫は修復せず、保管品は新しく建設する保管施設に移転させると発表したが、今も同倉庫に残されていた。冤罪や不当な有罪判決を覆す重要な証拠となりうる、何十年にもわたる証拠の損失は、新技術を使った法医学的再鑑定が不可能になるなど、係争中の裁判や未解決事件の捜査に影響を与える可能性があると、専門家は憂慮している。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。