地下鉄駅職員ブース外で対応へ<ニューヨークシティー>

MTAは8日、これまで地下鉄のトークンブース内で業務を行っていた職員を、来年からホームや改札に配置することで輸送労働組合(TWU)第100支部と合意したと発表した。同日付amニューヨークが伝えた。マシンによるメトロカードのチャージや、銀行口座直結でタッチ決済のOMNYの普及などで、ブースを利用する客は減少していた。MTAでは職員の雇用を守るため、時代に合った顧客サービスに切り替えてゆく必要があり、来年からブースの外でより効果的に案内や手助けができるよう、新たな任務につく職員のトレーニングを実施している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。