地下鉄駅職員ブース外で対応へ<ニューヨークシティー>

MTAは8日、これまで地下鉄のトークンブース内で業務を行っていた職員を、来年からホームや改札に配置することで輸送労働組合(TWU)第100支部と合意したと発表した。同日付amニューヨークが伝えた。マシンによるメトロカードのチャージや、銀行口座直結でタッチ決済のOMNYの普及などで、ブースを利用する客は減少していた。MTAでは職員の雇用を守るため、時代に合った顧客サービスに切り替えてゆく必要があり、来年からブースの外でより効果的に案内や手助けができるよう、新たな任務につく職員のトレーニングを実施している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。