アーロン・ジャッジ巨額でヤンキース残留<ブロンクス>

アーロン・ジャッジ外野手はニューヨークヤンキース史上最高額となる、9年間総額3億6000万ドルの巨額契約で球団と合意、残留を決めた。7日付ニューヨークタイムズが伝えた。野手の年俸としても史上最高の年平均4000万ドルが39歳になる2031年まで支払われる。ジャッジ選手は今季62本の本塁打でアメリカンリーグに新記録を樹立し、出塁率4割2分5厘、133得点、131打点の好成績でチームを地区優勝に導きリーグMVPに選ばれている。球団が開幕前に提示した残留オファーより1億4650万ドル上回る金額での再契約となった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。