年内の閉館が決定「奇妙なモノ」博物館<ニュージャージー>

1日、ニュージャージー州アトランティックシティーにある「リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット!」ミュージアムが、今月31日に閉館すると発表。2日付パッチが伝えた。1996年にオープンした同館は、世界から集めた奇妙な物など400点以上を14のテーマ別ギャラリーに展示。巨大な地球が建物正面に激突し、壁にヒビが入ったように見えるユニークな外観は、ボードウォークの象徴として、家族連れや休憩で訪れるギャンブラーたちに人気だったが、地元フランチャイズが26年間の営業の後、リプリーズとの契約を終了した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。