カレッジチョイス里親制度の学生支援<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市の市長室は、フォスターケアのもとで養育される子供の大学の学費補助プログラム「カレッジチョイス」に関し、今年度およそ230人が適用を受けると述べた。先月26日付CBSニューヨークが伝えた。年間1万5000ドルを上限とする学費と1日60ドルの生活費を支援する制度で、エリック・アダムス市長と児童サービス局は10月、これまでニューヨーク市立大学(CUNY)のみに限定していた対象枠を全大学に拡大すると発表した。予算1000万ドルを充てたこの規模の補助は全米でもニューヨーク市が初。個別指導や進路相談まで広いサポートが行われる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。