銃の押収最多ニューアーク空港<ニュージャージー>

米運輸保安庁(TSA)は先月24日、ニューアーク・リバティー国際空港のセキュリティーチェクポイントで、機内持ち込み手荷物から今年14丁目の拳銃を発見した。年末まで1カ月を残し、今年押収した銃の数は2018年と並び最多となっている。先月25日付ゴッサミストが伝えた。銃の持ち主はペンシルベニア州の男性で、同空港で今月3人目の逮捕者。銃には12発の弾が入っていた。銃を合法的に運ぶには、申告の上で弾薬を抜きハードケースに入れて預ける必要がある。TSAは、昨年全米で6000丁の銃が押収されたが、9割近くに弾丸が詰められていたと報告した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。