1年間で6億ドル市の難民救済費用<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市の独立予算局は13日、流入する難民の避難所、教育、医療などの提供に市が費やす額は、1年間で最低5億9600万ドルになると発表した。同日付ニューヨークポストが伝えた。数字はシェルターや収容ホテルに住む1万7500人に基づいて計算され、新たに1万人が到着すると約2億4600万ドル増の計算になる。閉鎖が決まったランドール島のテント施設の設置などにも多額の費用がかかり、国からの支援の見込みはない。ジョー・ボレッリ市議会議員は、退職した市民の医療保険に充てることができた予算だと、莫大な支出を非難。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。