詐欺行為で起訴慈善団体の理事<ロングアイランド>

クイーンズ区の自閉症の慈善団体「プレイ・フォー・オーティズム」の理事が9日、第一級詐欺などで起訴された。同日付FOX5ニューヨークが伝えた。グレゴリー・バシーク被告はロングアイランドのゴルフ場、レストランなどの事業者に対して何千ドルもの支払いを怠り、また寄付者から開催を偽ったゴルフコンペへの参加料を集めるなどして告発された。4月、5月には団体の口座資金が不十分であるのを知りながら多数の小切手を切っていた。サフォーク郡のレイモンド・ティアニー地区検事は「慈善団体の名の下に犯した詐欺は不快極まりない」とコメントを残した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。