盗まれた絵画半世紀後に戻る<スタテンアイランド>

1970年にスタテンアイランド区のヒストリック・リッチモンドタウン博物館から盗まれた絵画が戻ってきた。4日付ニューヨークポストが伝えた。盗まれた他の収蔵品は翌年ブルックリン区で発見されたが、地元の名士だったアン・トッテンの肖像画は行方不明のままで、昨年10月、盗難の件を知っていたサンフランシスコの収集家からオークションに出品されていると連絡があり、FBIと競売会社の協力のもと同館に返却された。出品者の美術修復家の話では、90年代後半に修復を請け負ったが依頼人が取りに来ず、出品を決めたという。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。