肥料にし有効利用パンプキンスマッシュ<ブロンクス>

ブロンクス区のリーマンカレッジで2日、ニューヨーク植物館主催のパンプキンスマッシュが行われた。3日付NBCニューヨークが伝えた。学生や地域住民が、ハロウィン使用後や同園展示用のカボチャを投げ落として粉砕。それを堆肥にして同大学で使用し、埋立ゴミとなるはずのカボチャを有効利用する。同大学の環境衛生安全部のイロナ・リニンズ部長は、「堆肥化すると量が5〜10%に減少する。少量の堆肥を作るのに大量の有機物が必要で、コミュニティーレベルでの取り組みが必要だ」と話した。市内の他の区でも、ハロウィンの翌週にパンプキンスマッシュが行われた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。